HOME > エコチル調査とは

エコチル調査とは

 エコチル調査とは 環境省が企画し、国立環境研究所が中心となって国立成育医療研究センターや全国15地域の大学等と連携し、全国10万人の妊婦様と赤ちゃんにご協力いただき、環境中の物質や生活習慣などと子どもの成長や健康にどのような関係があるかを調べる全国的な調査です。2011年よりスタートし、妊娠時から赤ちゃんが13歳になるまで定期的に健康状態をチェックし、その結果を分析します。
 分析を含めると20年を超すことになりますが、最終的に「生活環境にある化学物質が子どもの健康にどのような影響を与えているのか」を明らかにすることが目的です。

 子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)については以下の環境省のサイトでもご覧いただけます。

環境省 子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)

※お母さんの参加登録については、平成26年3月31日をもって終了しました。

お母様と赤ちゃんを、13年間見守ります

福島ユニットセンターでは、赤ちゃんがお母様のおなかにいるときから、13歳になるまで、半年ごとに質問票で調査させていただきます。
 また、妊娠中や子育ての悩み・質問・相談もお受けし、ご希望があれば適切な専門機関をご紹介します。参加者様の交流会などのイベント、エコチル☆ふくしま通信(ニューズレター)の発送を定期的に行っております。
 福島ユニットセンターは、寄り添いながら注意深く子ども様の成長を見守ります。

環境中の物質や生活習慣と、子どもの成長や病気との関係性を調べます

 生活環境の中にある物質(空気や水、食べ物に含まれる化学物質、ダニなどのアレルギー物質)、生活習慣(食事や運動など)、遺伝的な性質が、子どもたちの成長や病気とどのような影響があるかを調べます。病気の発症予防のためには、影響を及ぼす原因に対しての、正確な情報と正しい理解、環境・食物への監視が最も効果的だからです。

なぜ環境中の物質を調べるのか

 ここ50年の間に、科学や技術は急速に発展し、私たちの暮らしはとても便利になり、またこれに伴って、様々な化学物質が身近に増えてきました。こうした人間が作り出した物質が、私たちや子どもたちの健康に、どのような影響や関係があるのか、実はまだ詳しく解明されていないのです。

なぜおなかにいるときから子どもをしらべるのか

 ここ数年、ぜんそくや肥満、発達障害などの病気が、子どもたちに増加していると言われています。こういった事象から、子どもは成長段階にあり、身体ができあがっていないため、大人より化学物質の影響を受けやすいのではないか、と考えられるからです。

 赤ちゃんがお腹の中にいるとき、お母さまの体には、貴重な情報がたくさんつまっています。子どもの病気が明らかになってからでは、その情報の多くが失われてしまっているのです。

研究成果は、子どもたちや次世代の人のために役立てます

 病気の多くは、遺伝的な性質、生活習慣、環境中の物質などが関係しあって起こります。これらの関係を明らかにすることができれば、病気の予防に役立つ政策を立てたり、子どもが健やかに育つための環境を整備したりすることができます。

 子どもたちや次世代の人に健康で豊かな生活をおくってもらうために、今から対策を考え、問題があればそれを改善していかなくてはなりません。エコチル調査は、将来の人たちの健康づくりのために、たいへん大事な研究です。

エコチル調査ではなにをするのか

 子どもと環境中の物質の関係を調べるには、数多くのお子様について、成長する過程を長い間みさせていただいて、データを集めて分析する必要があります。このため、10万人の赤ちゃんについて、お母様のおなかにいるときから、生まれて13歳になるまで、定期的に健康状態を調べます。調査は、2011年から2032年までを予定しています。最初の3年で妊婦様に参加を呼びかけ、その後13年追跡します。その後5年でデータの解析を行います。

エコチル調査の内容とスケジュール

調査には、全体調査と詳細調査の2種類あります。

 全体調査とは、参加者様全員に行って頂く調査です。 全体調査では、質問票への記入や血液・尿・毛髪などの試料を採取・提供していただきます。また、お母様やお子様の診療状況や健康状態について、医療情報を記録させて頂きます。具体的には、妊娠中~出生後1か月の診察記録票、母子健康手帳、学校保健記録からの転記になります。

 詳細調査は、参加者様の中から一部の方(全国で5,000 人)にご協力をお願いする調査です。詳しくは次のページをご覧下さい。

※お父様にもご協力いただける場合、質問票への記入と採血(30ml)を、一度だけお願いすることになります。

全体調査と詳細調査の内容・スケジュールは、以下のとおりです。

(2014年8月28日現在)

時 期 全体調査 詳細調査
リクルート時
(妊娠前期)
診察記録票記入
父親・母親質問票調査
母体血(約30ml)・尿(約50ml)採取
父親の血液(約30ml)採取
 
妊娠中期~後期 質問票調査
母体血(約30ml)・尿(約50ml)採取
 
出産時 臍帯血(約20~35ml)採取
診察記録票記入
 
出産入院時 母体血(約20ml)
ろ紙血(子ども)採取
母親の毛髪採取(約2mg)
 
出生後1か月 質問票調査
母乳(約20ml)採取
子どもの毛髪採取(約2mg)
診察記録票記入
 
出生後6か月 質問票調査  
1歳時 質問票調査  
1.5歳時 質問票調査 環境測定
2歳時 質問票調査 面談調査(精神神経発達)
医学的検査(血液検査(採血約4ml)、身長計測等)
2.5歳時 質問票調査  
3歳時 質問票調査
母子健康手帳記載情報の収集
環境測定
3.5歳時 質問票調査  
4歳時 質問票調査 面談調査(精神経発達)
医学的検査(血液検査(採血約4ml)、身長計測等)
4.5歳時~5.5歳時 質問票調査(半年に1回)  
6歳時 質問票調査
小児科診察
身体計測(身長・体重等)
子どもの採尿(約50ml)
子どもの採血は要検討
母子健康手帳記載情報の収集
面談調査(精神神経発達)(6歳時、8歳時、10歳時及び12歳時を検討)
医学的検査(血液検査、身体計測等)(6歳時、8歳時、10歳時及び12歳時を検討)
環境測定(1~2回を検討)
6.5歳時~11.5歳時 質問票調査(半年に1回)
学校保健記録記載情報の収集
12歳時 質問票調査
小児科診察
身体計測(身長・体重等)
子どもの採尿(約50ml)
子どもの採血は要検討
学校保健記録記載情報の収集

pagetopへ